ページ内を移動するためのリンクです

事業等のリスク

  • 当行グループの事業その他に関するリスクについて、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主な事項を、以下に記載しております。

    当行グループは、これらのリスクが顕在化する可能性を認識したうえで、発生の回避及び発生した場合には、迅速かつ適切な対応に努めてまいります。

    なお、文中には将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は2017年3月31日現在において当行グループが判断したものであります。

(1)信用リスク

  1. 1.不良債権の状況
    景気動向等によりお取引先の財務内容等が悪化した場合、当行グループの不良債権及び与信関係費用が増加し、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
  2. 2.貸倒引当金の状況
    当行グループでは、お取引先の状況や担保価値等に基づいて貸倒引当金を計上しています。お取引先の業況の悪化や担保価値の下落等により、貸倒引当金が増加し、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
  3. 3.貸出先への対応
    お取引先に債務不履行等が生じた場合であっても、回収の効率・実効性等の観点から当行グループの債権者としての権利を行使しない場合や、お取引先への支援のために債権放棄等を実行する場合があり、結果として貸倒引当金等の費用が増加し、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

(2)市場リスク

  1. 1.金利リスク
    資産と負債の金利または期間の不一致がある中で金利が変動した場合、収益の低下や損失が発生する可能性があります。
  2. 2.価格変動リスク
    当行グループが保有する有価証券等の市場価格の変動により、減損や評価損が発生する可能性があります。
  3. 3.為替リスク
    外貨建資産と負債について、為替相場の変動により損失が発生する可能性があります。

(3)流動性リスク

当行グループの財務内容の悪化等により、資金繰りに悪影響を来たしたり、短期借入金等の調達コストが増加し、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。また、市場の混乱等により市場において取引ができない場合や、通常よりも高い金利での調達を余儀なくされる可能性があります。

(4)オペレーショナル・リスク

  1. 1.事務リスク
    当行グループの役職員が正確な事務を怠る、あるいは事故・不正等を起こすことにより、損失が発生する可能性があります。
  2. 2.システムリスク
    コンピュータシステムのダウンまたは誤作動等、コンピュータシステムの不具合や、コンピュータの不正使用、データ改ざん、情報漏洩、サイバー攻撃による不正アクセスやコンピュータウイルス感染等が発生した場合に、当行グループの信用や業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
  3. 3.法務リスク
    各種取引において、法令違反や不適切な契約等により損失が発生する可能性があります。
  4. 4.風評リスク
    当行グループに対する市場やお客さまの間での否定的な世論が広まることによって、収益や資本、顧客基盤等に重大な影響を及ぼす可能性があります。
  5. 5.人的リスク
    労務慣行の問題や職場の安全衛生環境の問題等に関連する訴訟等が発生した場合、当行グループの信用や業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
  6. 6.有形資産リスク
    自然災害、強盗、事故、資産管理の瑕疵等により、建物、車両、備品等の有形資産が損傷した場合、損失が発生する可能性があります。

(5)自己資本に関するリスク

  1. 1.自己資本比率
    2017年3月期の連結自己資本比率は16.82%と、国内基準で要求される4%を上回っていますが、同基準を下回った場合には早期是正措置が発動され、金融庁から業務の全部または一部停止等の命令を受けることとなります。
  2. 2.繰延税金資産
    当行グループでは、将来の課税所得の見積額を限度として、既に支払った税金のうち将来回収が可能と判断した額に係る繰延税金資産を計上していますが、課税制度の変更等により繰延税金資産の回収ができない場合には、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

(6)その他のリスク

  1. 1.戦略リスク
    当行グループは「地域密着と健全経営」という経営理念に基づき、「地域経済活性化の原動力となり、地域と共に成長・発展し続ける銀行」を目指し、「環境変化に適応したビジネスモデルの実現~選択と集中、他金融機関との差別化~」及び「強靭な経営体質の構築・強化」に取り組んでおりますが、営業基盤とする山梨県及び西東京地区における経済情勢の悪化、あるいは他金融機関との競合激化により、戦略が想定した成果を生まない可能性があります。
  2. 2.固定資産の減損会計
    「固定資産の減損に係る会計基準」及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」を適用し、所有する固定資産に損失が発生した場合には、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
  3. 3.大規模災害のリスク
    東海地震等の大規模な災害で、当行グループの被災による損害のほか、お取引先の業績悪化による信用リスクの上昇等を通じて、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
  4. 4.感染症の流行
    新型インフルエンザ等感染症が大流行した場合、当行グループ役職員の欠勤の増加等により、業務縮小等の可能性があるほか、経済活動への悪影響によるお取引先の業績悪化により,
  5. 信用リスクが増加する等、当行の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

お電話でのご相談

山梨中銀ダイレクトマーケティングセンター

【受付時間】
月曜日~金曜日 9:00~17:00
(ただし、祝日および12月31日~
1月3日は除きます。)

ページの終わりです