ページ内を移動するためのリンクです

春分の日の由来や習慣

この記事の目次

春分の日と聞いて心がほっこりするのは、新しい始まりを予感するから。私たちは季節の移ろいの中で暮らしていますが、そのことを再確認させてくれるのが「春分の日」という響き。

そんな春分の日は、日本の文化や風土に深く結びついているようです。夏至や冬至は国民の祝日ではないのに、春分の日はなぜ祝日に指定されているのでしょうか?

春分の日とは

春分の日は、1年のうちで昼夜の長さがほぼ同じになる日のことで、3月20日か3月21日のいずれかになります。

また、春分の日は二十四節気(にじゅうしせっき)の一つ。二十四節気とは、1年を地球から見た太陽の位置で24等分し、そのそれぞれで名前を付けたものです。夏至や冬至、秋分、立春、立秋もこれに当たります。

春分の日_図解
春分の日の解説

春分の日はなぜ祝日?

夏至や冬至は祝日ではないのに、春分の日や秋分の日はなぜ国民の祝日なのでしょうか?それは、歴史的に春分の日や秋分の日に宮中祭祀が執り行われてきたことと関係があります。

春分には「春季皇霊祭」、秋分には「秋季皇霊祭」という宮中の儀式が行われてきました。そのため、国民の祝日として制定されることになりました。実際には、「国民の祝日に関する法律」で祝日と定められ、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日として、また秋分の日は「祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ」日として記載されています。

もともとこの時期はお彼岸でもあり、ご先祖を祭り感謝してきた風習があります。季節の変わり目に、春は五穀豊穣を祈り、秋は収穫に感謝する行事が行われてきたのは、日本で育まれた風土と言えます。

春分の日は、『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』

海の日や山の日に自然の中へレジャーに向かったり、敬老の日におじいちゃんやおばあちゃんとお出かけすることは多いですが、春分の日には『自然をたたえ、生物をいつくしむ』ために何をすればいいのでしょうか?

難しく考えることはないでしょう。

ちょうど暖かくなる季節がら、近所の散歩コースや河川敷コースをいつもより少しゆっくり歩いてみるのもいいでしょう。芽吹き始めた枝や咲き始めた花の匂いを探しに、少し大きめの公園に足を向けるのもいいかもしれません。

今はGoogleマップで『公園』と検索すれば、それぞれのいいところや特徴が口コミですぐに分かるので、活かしてみるのもいいでしょう。たとえば山梨の公園なら以下のよう。

春分の日の過ごし方
春分の日。春を見つけにお散歩もいい

また、春分の日はお彼岸の中日。帰省してお墓参りにいく人も多いです。

春分の日とお墓参り

春分の日や秋分の日はお彼岸の中日。お彼岸にお墓参りへ行ってご先祖様を供養したり感謝するのは日本特有の風習。お彼岸は春分の日(秋分の日)を中日にして7日間となります。

お彼岸
お彼岸は春分の日(秋分の日)を中日にして7日間


以上、春分の日の由来と習慣でした。

Written by ヒノキブンコ

ページの終わりです