ページ内を移動するためのリンクです

マネー・ローンダリング/テロ資金供与の防止についてご理解、ご協力のお願い

当行では、マネー・ローンダリング(麻薬犯罪などにかかわる不正資金の洗浄)やテロ資金供与を防止するため、口座開設のお申込みに際し、厳正にご本人さまであることを確認させていただいております。

  • 以下の取組みは、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(平成20年3月施行)にもとづき実施するものです。この法律では、銀行、証券会社、保険会社、郵便局等、金融機関に本人確認義務を課しています。
    この法律で本人確認が必要とされる取引は、預金口座の開設、貸金庫・簡易貸金庫の貸与、保護預り・セーフティバッグの契約、国債の募集・販売、投資信託の販売、金銭の貸付、貯蓄性のある保険契約の締結、200万円超(現金振込等の場合には10万円超の取引)の大口現金取引などです。

メールオーダーサービス(郵送)でのご本人さまの確認

郵送による口座開設をお申込みになられる場合は、お手数ですが、ご本人さまであることを確認させていただく資料として、以下の(A)の写し(コピー)と(B)の原本をそれぞれ1種類ずつご同封いただきます。

お送りいただきました公共料金の請求書または領収書は、当行でコピーさせていただき、原本はお返しいたします。

(平成24年7月9日現在)

A:諸官庁が発行する証明書の写し(コピー)
  • 住所が記載されているページのコピーをご同封ください。有効期限内または現在有効なものに限ります。
  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 各種福祉手帳
  • 旅券(パスポート(所持人記入欄により住所が確認できるものに限ります))
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 発行後6ヵ月以内のものに限ります。
  • 印鑑証明書
  • 住民票の写し
  • 住民票の記載事項証明書
B:公共料金の請求書または領収書の原本
  • 住所が記載されているものをお送りください。発行後6ヵ月以内のものに限ります。
  • ご家族名義(同姓で同一住所の方に限ります)でお支払いの請求書または領収書の原本でも結構です。
  • 電気
  • 電話(携帯電話・PHSを除く)
  • 水道
  • ガス
  • NHK
  • これらの請求書(領収書)をご用意いただけない場合は、住民票の写し(コピー不可)をご同封ください。この場合、上記(A)の写しは、住民票以外の資料をご同封願います。

ご注意いただく事項

次の場合は、郵便での口座開設をお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。(この場合、申込書はお返しいたします。)

  1. 1.ご本人さまを確認させていただく資料の同封がない場合
  2. 2.申込書にご記入の住所・氏名とご本人さまを確認させていただく書類の 住所・氏名が一致しない場合
  3. 3.自宅電話番号の記入がない場合(携帯電話・PHSは不可)
  4. 4.すでに総合口座を開設されている場合

お問い合わせ・ご相談はこちらから

お電話でのご相談

山梨中銀ダイレクトマーケティングセンター

【受付時間】
月曜日~金曜日 9:00~17:00
(ただし、祝日および12月31日~1月3日は除きます。)

ページの終わりです