ページ内を移動するためのリンクです

山梨中銀 資産づくり応援!キャンペーン

平成29年12月1日現在

creating_assets_im01.jpg

【ご留意事項】
● 投資信託・投信積立・公共債・外貨預金は20歳以上のお客さまが対象です。
●「まとめて!応援コース」では、各商品ごとに同一日のお申込みに限り、合算金額を基準とします。
  投資信託・外貨定期預金・公共債の合算はできません。

まずは、ピッタリのコースをチェック!

creating_assets_im02.jpg

【抽選のご案内】
● 投資信託・投信積立・外貨定期預金・積立式外貨普通預金・iDeCo・公共債のお取引金額に応じて、抽選権をお付けします。応募のお手続きは不要です。
●「まとめて!応援コース」では、各商品ごとに同一日のお申込みに限り、合算金額を基準とします。

【抽選権】
契約商品キャンペーン期間中の取引金額抽選券口数

・投信積立
・積立式外貨普通預金「風林火山」
・iDeCo(個人型確定拠出年金)

毎月5,000円以上

1口

・投資信託
・外貨定期預金
・公共債

10万円以上 ~ 100万円未満

・全商品共通

100万円以上 ~ 300万円未満

2口

300万円以上 ~ 500万円未満

3口

500万円以上 ~ 1,000万円未満

4口

1000万円以上

5口


● キャンペーン終了後、当行所定の方法により、厳正な抽選を行います。キャンペーン期間中にご解約の場合、抽選権は無効となります。

投資信託のご留意事項

      • 投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
      • 当行でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
      • 投資信託は値動きのある株式や債券等で運用するため、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
      • 投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入いただいたお客さまに帰属します。
      • 投資信託のお取引に際しては、その商品内容、およびリスクの所在を十分ご理解いただいたうえ、お客さま自身のご判断でお取引願います。
      • 投資信託は、以下のタイミングでご負担いただく費用が発生します。
直接的にご負担いただく費用
1. 申込時 申込手数料(上限3.24%(消費税等を含む))がかかります。
一部のファンドは、申込時に別途、信託財産留保額がかかります。投資する債券に課される税率の変動等により、変動する場合があるため、事前に料率・計算方法を示すことができません。
2. 換金時 信託財産留保額(上限0.5%)がかかります。
間接的にご負担いただく費用
3. 保有期間中 信託報酬(上限2.052%(消費税等を含む))がかかります。
4. 随時 その他の費用として、監査費用、有価証券売買時の売買委託手数料等がかかります。(その他の費用につきましては、運用状況により変動するものであり、事前に料率・上限額等を示すことができません)
    • 上記1~4の手数料の詳細につきましては、各商品の目論見書をご確認ください。
    • ご契約に際しては、契約締結前交付書面(目論見書)をよくお読みください。「目論見書」は、当行本支店等の窓口にご用意しております。
      (当行ホームページでもご覧いただけます。)
    • 復興特別所得税の追加課税により、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間、所得税額×2.1%が適用されます。

外貨預金のご留意事項

  • 外貨預金は預金保険の対象ではありません。
  • 満期日に元利金を円貨でお受取りになる場合は、為替相場の変動により為替差益・為替差損が生じます。 例えば、お引出しの時の為替相場がお預入れの時より円高に進めば、円貨でのお受取り金額がお預入れ時点の円貨額を下回ること(元本割れ)もございます。
  • お利息には復興特別所得税の追加課税により、法人のお客さまは税率15.315%(国税15.315%)、個人のお客さまは税率20.315%(国税15.315%、地方税5%)が課税されます。(マル優のお取扱いはできません)。
  • 為替差益は雑所得となり総合課税の対象となります。為替差損は他の雑所得から控除することができます。(個別のお取扱いの詳細につきましては、税理士等にご確認ください)。
  • 円貨を外貨にする際(預入時)および外貨を円貨にする際(引出時)は手数料(例えば、1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1オーストラリアドルあたり2円)がかかります(お預入れおよびお引出しの際は、手数料を含んだ為替相場である当行公示相場におけるTTSレート(預入時)、TTBレート(引出時)をそれぞれ適用します)。したがって、為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば、1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1オーストラリアドルあたり4円)がかかるため、お受取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払い込み 円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • 公示相場は、日中、市場相場が大きく変動した場合には予告なく変更されることがあります。
  • 米ドル、ユーロ、オーストラリアドルについては10万通貨、その他通貨については10万米ドル相当額以上となる場合は、取引時の市場実勢相場をもとに適用相場を決定させていただきます。
  • 外貨現金等同一通貨によるお預入れ・お引出しには、当行所定の手数料がかかります。
  • 外貨預金をお申し込みになる際は、説明書(契約締結前交付書面)の記載事項をよくお読みください。

iDeCo(個人型確定拠出年金)のご留意事項 ※ご加入は60歳未満の方に限ります

  • 確定拠出年金は、公的年金を補完する制度であり、原則として中途脱退はできません。
  • 原則として60歳(受取開始可能年齢)まで途中の引出しはできません。
  • 加入から受取りが終了するまでの間、所定の手数料がかかります。特に加入から60歳までの期間が短くかつ掛金が少額の場合、受取金額が掛金合計額を下回ることがありますので、ご注意ください。
  • 60歳時点で通算加入者等期間(確定拠出年金の加入期間)が10年に満たない場合、段階的に最高65歳まで受取りを開始できる年齢(受取開始可能年齢)が繰り下がります。
  • 掛金は、原則60歳(59歳11か月目)まで拠出できます。
  • 毎月の掛金は、5,000円以上1,000円単位、毎年4月~翌年3月までの1年間で1回のみ変更できます。
  • 氏名、住所、企業年金等の加入状況、被保険者種別等に変更がある場合は、各種変更届の提出が必要となります。

公共債のご留意事項

  • 公共債は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
  • 公共債(個人向け国債除く)の価格は毎日変動しておりますので、償還前に売却する場合はご購入時の価格を下回る可能性があります。
  • 原則として、利払日や償還日の前には、換金できない期間があります。
  • 個人向け国債の中途換金については、発行から1年経過すれば原則中途換金が可能です。その場合、直近2回分の各利子(税引前)相当額×0.798685を支払う必要があります。(但し、保有者が死亡したときや災害救助法の適用対象となった大規模な自然災害を受けた場合は、上記期間未満でも中途換金が可能です。)
  • 公共債をご購入いただく際は、購入対価のみお支払いいただきます。なお、お取引口座の開設および管理に関する手数料はありません。
  • 公共債をお申込みになる際は、商品の説明書(契約締結前交付書面)の記載事項をよくお読みください。

復興特別所得税のご留意事項

  • 預金・公共債の利子や投資信託の分配金・譲渡益等に対し、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間、復興特別所得税として、所得税額×2.1%が追加的に課税されます。

「山梨中銀 資産づくり応援!キャンペーン」について、くわしくは山梨中央銀行の窓口、またはダイレクトマーケティングセンターまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

お電話でのご相談

山梨中銀ダイレクトマーケティングセンター

【受付時間】
月曜日~金曜日 9:00~17:00
(ただし、祝日および12月31日~1月3日は除きます。)

ページの終わりです