ページ内を移動するためのリンクです

投資信託の新ファンドについて

投資信託 新ファンド 取扱開始! インターネット投信でも取引可能

追加する商品

商品名投資信託委託会社

ピクテ・アセット・アロケーション・ファンド

ピクテ投信投資顧問

東京海上・円資産バランスファンド

東京海上アセットマネジメント

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)資産成長型

日興アセットマネジメント

グローバル自動運転関連株式ファンド

三井住友アセットマネジメント

取扱開始日

平成30年5月21日(月)

商品の主な特徴

商品名特徴

ピクテ・アセット・アロケーション・ファンド

主に世界の株式、債券、金など様々な資産に分散投資します。

市場環境に応じて資産配分を機動的に変更します。

東京海上・円資産バランスファンド

主にマザーファンド受益証券への投資を通じて、国内の複数の資産(債券、株式、REIT)に分散投資し、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指して運用します。

各資産への配分比率は、日本債券70%、日本株式15%、日本REIT15%を基本とします。

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)資産成長型

投資信託証券への投資を通じて、3つの異なる資産に分散投資します。

原則として、各資産の基本組入比率は不動産等25%、債券50%、株式25%とします。

グローバル自動運転関連株式ファンド

自動運転技術の進化・普及により、業績拡大が期待される日本を含む世界の企業の株式に投資します。

実質的な運用は、リサーチ力に強みのあるニューバーガー・バーマン・グループが行います。

野村インデックスファンド Funds-i ファンズアイ

投資信託のご留意事項

  • 投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
  • 当行でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は値動きのある株式や債券等で運用するため、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
  • 投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入いただいたお客さまに帰属します。
  • 投資信託のお取引に際しては、その商品内容、およびリスクの所在を十分ご理解頂いたうえ、お客さま自身のご判断でお取引願います。
  • 投資信託は、以下のタイミングでご負担いただく費用が発生します。
直接的にご負担いただく費用
  1. 1.申込時
    申込手数料(上限3.24%(消費税等を含む))がかかります。
    一部のファンドは、申込時に別途、信託財産留保額がかかります。投資する債券に課される税率の変動等により、変動する場合があるため、事前に料率・計算方法を示すことができません。
  2. 2.換金時
    信託財産留保額(上限0.5%)がかかります。
間接的にご負担いただく費用
  1. 3.保有期間中
    信託報酬(上限2.052%(消費税等を含む))がかかります。
  2. 4.随時
    その他の費用として、監査費用、有価証券売買時の売買委託手数料等がかかります。(その他の費用につきましては、運用状況により変動するものであり、事前に料率・上限額等を示すことができません)
  • 上記1~4の手数料の詳細につきましては、各商品の目論見書をご確認ください。
  • ご契約に際しては、契約締結前交付書面(目論見書)をよくお読みください。「目論見書」は、当行本支店等の窓口にご用意しております。
    (当行ホームページでもご覧いただけます。)
  • 復興特別所得税の追加課税により、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間、所得税額×2.1%が適用されます。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

お電話でのご相談

山梨中銀ダイレクト
マーケティングセンター

【受付時間】
月曜日~金曜日 9:00~17:00
(ただし、祝日および12月31日~1月3日は除きます。)

セミナーに参加

投資信託の運用や年金に関するセミナーを開催しています。

ページの終わりです