ページ内を移動するためのリンクです

NISAについて

はじめての方でも安心♪ 山梨中央銀行でNISA[ニーサ]を始めよう! 投資総額最大600万円まで非課税!(120万円×5年)

お子さまの将来のため、非課税枠を利用した資産形成を始めませんか。
詳細はこちらから

NISAについて

NISAとは、「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」です。
つまり、通常であれば20.315%の税金がかかるところ、NISA口座で取引をすると、毎年120万円までは株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が非課税となります。

NISA使用例

特定口座・一般口座を利用
税率 約20%
NISA口座を利用
税率 0%

120万円投資し、5年後に2倍になった場合

特定口座・一般口座を利用
申告分離課税 24万円
NISA口座を利用
申告分離課税 0

NISAの仕組み

10年間、NISA口座の開設が可能です。

よくあるご質問

現在保有している投資信託をNISA口座へ移せますか。

移せません。NISA口座では、新たにお買付けになった株式投資信託等しか受け入れることができません。

非課税枠(毎年120万円)の投資枠が余った場合、翌年以降に持ち越すことができますか。

できません。

インターネット投信を利用して、NISA口座での投資信託の購入はできますか?

できます。
注文方法等についてはこちらをご覧ください。

NISAの5つのポイント

1

非課税の対象は
ファンドの

売却益・分配金

  • 非課税の対象はNISA(ニーサ)を通じて購入いただいた上場株式・公募株式投資信託等の配当所得・譲渡所得などです。
2

年間の
新規投資額の上限は

120万円

  • 投資が開始できるのは2023年までです。
3

非課税期間は

最長5年間

4

投資総額は

最大600万円 (投資額120万円×5年)

5

ご利用できる方は

満20歳以上

  • 投資を開始する年の1月1日現在で満20歳以上の日本居住者等がご利用できます。

NISA口座の開設と投資信託のはじめ方

NISA口座の新規開設の手続き

NISA口座は、NISAを取り扱う銀行・証券会社などの金融機関で開設できます。
NISA口座は、全ての金融機関を通じておひとりさま年間1口座、開設できます。

NISA口座での投資信託のはじめ方

1

NISA口座開設

2

ファンド選択

3

NISA口座で
投信お申込み

4

投信取引開始

ファンドを探す

安定重視!低リスク開く/閉じる
MHAM物価連動国債ファンド(未来予想) アセットマネジメントOne
ダイワ日本国債ファンド(毎月分配型) 大和証券投資信託委託
ダイワ日本国債ファンド(年1回決算型) 大和証券投資信託委託
米国国債ファンド為替ヘッジあり(毎月決算型) 大和証券投資信託委託
米国国債ファンド為替ヘッジあり(年1回決算型) 大和証券投資信託委託
三菱UFJ 国内バランス20(夢列島20) 三菱UFJ国際投信
プロに任せたい!アロケーション開く/閉じる
eMAXIS最適化バランス(マイゴールキーパー) 三菱UFJ国際投信
eMAXIS最適化バランス(マイディフェンダー) 三菱UFJ国際投信
eMAXIS最適化バランス(マイミッドフィルダー) 三菱UFJ国際投信
eMAXIS最適化バランス(マイフォワード) 三菱UFJ国際投信
eMAXIS最適化バランス(マイストライカー) 三菱UFJ国際投信
のむラップ・ファンド(保守型) 野村アセットマネジメント
のむラップ・ファンド(普通型) 野村アセットマネジメント
のむラップ・ファンド(積極型) 野村アセットマネジメント
グローバル・アロケーション・オープンAコース(年1回決算・為替ヘッジなし) アセットマネジメントOne
グローバル・アロケーション・オープンBコース(年4回決算・為替ヘッジなし) アセットマネジメントOne
ネクストコア 野村アセットマネジメント

ご留意いただきたい事項

以下の事項は、平成27年度税制改正に基づくご留意事項になります。今後税制等は変更となる場合があります。

NISA口座の開設は、すべての金融機関においておひとりさま年間1口座に限られます。
万一複数の金融機関で重複してお申込みされた場合には「最も希望する金融機関」ではない金融機関にNISA口座が開設されることがあります。
一定の手続きをとることで、平成27年1月1日以降、同じ勘定設定期間内であっても金融機関の変更が可能になります。ただし、NISA口座で既に上場株式等を購入している場合(再投資を含む)、その年は金融機関の変更ができません。詳しくは、お取引先の金融機関にお問い合わせください。
NISA口座の利益・損失は、特定口座・一般口座との損益通算は不可です。また、損失の繰越控除も不可となります。
NISA口座で保有する投資信託はいつでも売却可能ですが、売却分の非課税枠を再利用することはできません。
分配金の再投資、投信積立等によりNISA口座でのお買付け金額が120万円を超える場合、120万円を超えた分は非課税での運用とはならず、特定口座もしくは一般口座でのお預かりになります。
当行では「株式」は取り扱っておりません。また、投資信託の銘柄も各金融機関によって異なります。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

お電話でのご相談

山梨中銀ダイレクト
マーケティングセンター

【受付時間】
月曜日~金曜日 9:00~17:00
(ただし、祝日および12月31日~1月3日は除きます。)

セミナーに参加

投資信託の運用や年金に関するセミナーを開催しています。

ページの終わりです