ページ内を移動するためのリンクです

特徴と強み

営業基盤である山梨県において中核金融機関としての位置を確立するとともに
財務基盤の健全性を誇っています。

当行は、その創業以来の歴史の中で、山梨県内における圧倒的地位を堅持するとともに、手厚い自己資本を有しています。

地域における状況

強固な営業基盤

総預金残高、地域の預金残高

総貸出金残高、地域向け貸出金残高

県内預金シェア(19/3)

県内貸出金シェア(19/3)

投資信託・国債窓口販売残高、地域の投資信託・国債窓口販売残高

  • 「地域の預金」、「地域向け貸出金」、「地域の投資信託・国債窓口販売残高」とは、山梨県内および西東京地区の営業店舗における預金、貸出金、投資信託・国債の窓口販売残高のことです。

地域向け貸出金(残高)の内訳

財務状況

健全な財務体質

自己資本比率の推移(国内基準)

index_im08

2019年3月末の自己資本比率は13.23%となり、自己資本比率規制(国内基準)の4%を大きく上回っております。

また、2019年3月末の地方銀行の平均は、自己資本比率が9.53%(国内基準適用54行)となっております。

格付

index_im09

当行では、お取引先のみなさまや株主・投資家のみなさまへのより透明性の高い情報開示の一環として、2002年3月に、(株)格付投資情報センターから格付を取得いたしました。
2019年6月時点において、発行体格付け[A-]を取得しております。

(株)格付投資情報センター(R&I)

(2019年3月31日現在)

金融再生法開示債権の保全状況

index_im10

2019年3月末の自己査定結果に基づき、「正常債権」を除く、各債権額を左図グラフの左側の柱で示しました。なお、正常債権額は、1兆6,973億円です。

これに対し右側の柱は、担保等による保全額と、一般貸倒引当金、個別貸倒引当金の合計額を示しております。
ご覧いただけますように、保全率は87.5%となっております。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

IRに関するお問い合わせ

当行グループのIRに関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お電話でのご相談

【受付時間】
月曜日~金曜日 9:00~17:00
(ただし銀行休業日を除きます。)

メールでのお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせの場合はご用件をできるだけ具体的にお書きください。

ページの終わりです