ホーム > インターネットバンキング > セキュリティについて

セキュリティについて

当行では、お客さまに安心してサービスをご利用いただくため、インターネット通信における情報の盗聴・成りすまし等の脅威から、お客さま情報を保護しセキュリティを確保するため、以下の対策をとっております。

フィッシング詐欺にご注意ください!
(「山梨中銀ダイレクト」の正当なサイトであることを確認する方法について)

山梨中銀ダイレクトのセキュリティ対策

 

128bit SSLの暗号方式

現在、最もセキュリティ強度が高い暗号化技術とされているSSL128bit方式を採用し、情報の盗聴・情報の書換えを防止しています。

厳正な本人確認の実施

ご契約時の印鑑照合や、「ワンタイムパスワード」「メール通知パスワード」「確認用パスワード」による認証などにより、厳格な本人確認を行っております。

ワンタイムパスワード

ログインIDとログインパスワードによる通常の本人認証に、スマートフォン等に表示される1回限りのパスワード(ワンタイムパスワード)による認証を加えることで、第三者からの不正利用を防止します。

ワンタイムパスワードの詳細

メール通知パスワード

対象となる取引を行う際に、従前の確認用パスワードによる認証に加え、お客さまの電子メールアドレスに送信されるログインの間のみ有効なパスワード(メール通知パスワード)による認証を加えることで、第三者からの不正利用を防止します。

メール通知パスワードの詳細

トランザクション認証

振込・振替を行う際、パソコンやスマートフォンで操作した後、ワンタイムパスワードアプリで取引内容を確認してから取引の実行を行うもので、データ改ざんによる不正送金対策に有効です。

トランザクション認証の詳細

リスクベース認証機能

ダイレクトへのアクセス方法(アクセス場所、使用機器、ブラウザ等)が、通常使用している環境と大きく異なる場合に、事前にお客さまが登録した「一問一答の合言葉」により追加の本人認証を行い、第三者からの不正利用を防止します。

リスクベース認証の詳細

Eメール追加サービス

お客さまへの取引確認用メール送信先として、通常のメールアドレスのほかに、もう1つアドレスを追加いただけます。

※お客さまが任意にご利用いただく機能となります。

Eメール追加サービスの詳細

利用端末制限

お客さまがご利用になる端末(パソコン・携帯電話)を、お客さまのニーズにあわせて制限することができます。

利用端末制限の詳細

電子署名メールサービス

お客さまへ送信する電子メールに、「電子署名」を付与することで、「電子メールの送信者が山梨中央銀行であること」「電子メールが改ざんされていないこと」を確認することができます。

電子署名メールサービスの詳細

ソフトウェアキーボード

インターネットバンキングでパソコンを利用しパスワードを入力する際には、画面上に表示される「ソフトウェアキーボード」のご利用を標準といたします。
ソフトウェアキーボードのご利用は、キーボードの入力情報を不正取得するタイプの「スパイウェア」への有効な対策となりますので、ぜひ「ソフトウェアキーボード」をご利用ください。

※通常のキーボードで直接入力を行う場合は、「チェックボックス」のチェックをはずしてください。



フィッシング対策ソフトの提供

インターネットバンキングを安心してご利用いただくために、当行では株式会社セキュアブレインのフィッシング詐欺対策ソフト「PhishWallプレミアム」を導入し、お客さまに無償で提供しています。詳しくはバナーをクリックしてください。



その他のセキュリティ確保策

  1. ログイン時のメニュー画面に、直近3回のログイン日時を表示します。ログインの際は、ご確認ください。
  2. ログインしたまま離席するなど一定時間操作がない場合は、タイムアウトとし自動的にログアウトし、お取引きを終了させていただきます。
    ※ 取引終了後、離席する際などには必ずログアウトを行ってください。
  3. ご利用のお取引きに応じて、Eメールまたはメニュー画面の「お知らせ」にて、お取引結果等をご連絡いたしますので、必ずご確認ください。

以上