ページ内を移動するためのリンクです

第13回「エコノミクス甲子園」山梨大会

2018年12月16日(日)、山梨中央銀行研修センターにおいて、第13回全国高校生金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園」山梨大会を開催いたしました。
この大会は、当行がCSR(企業の社会的責任)活動の一環として、楽しみながら金融経済に触れてもらうことで、高校生に学ぶ機会を提供するために主催したもので、今回で8回目の開催となりました。
山梨県内の高校6校から、18チーム36名が参加し、金融・経済に関する知識を、筆記クイズや早押しクイズなどで競い合いました。

予選第1ラウンド【筆記クイズ】

筆記クイズは4択問題50問と近似値問題1問が出題されました。制限時間は30分。
チーム2人の力を合わせて、相談しながら問題を解いていきます。

このような問題が出題されました

Q.企業が株主や投資家に向けて、投資を判断する上で重要となる情報を公表する活動を表す言葉は次のうちどれでしょう?

a:AI  b:IQ  c:IR  d:PR

A.  c 

ランチタイム、筆記クイズ正解発表

筆記クイズ終了後は、ほっと一息ランチタイム。この後、筆記クイズの正解発表が行われ、スクリーンに映し出される正解に一喜一憂。

予選第2ラウンド【早押しクイズ】

全チーム参加の早押しクイズで、4チームまたは3チームごとに対戦。1問5点、3問正解で勝ち抜けです。1位勝ち抜けのボーナスポイント(5点)を目指して、熱戦が繰り広げられました。

このような問題が出題されました

Q.クレジットカード機能の一つで、利用枠の範囲内でお金を借りることができる機能を何というでしょう?

A. キャッシング 

決勝ラウンド【ビルトインスタビライザークイズ】

決勝ラウンドには、予選第1ラウンドと第2ラウンドの合計得点上位6チームが進出。

【決勝進出チーム】
 甲府南高等学校  「レバレッジ」チーム
 甲府南高等学校  「GTO」チーム
 駿台甲府高等学校 「NSKR」チーム
 山梨学院高等学校 「ダークマター」チーム
 甲府南高等学校  「竜AVERAGE」チーム
 駿台甲府高等学校 「すんだいB」チーム

決勝ラウンドは、6チームが一斉に解答するボードクイズです。
問題数は全部で10問、クイズに正解しながら所持金を増やし、最終的に所持金が一番多いチームが優勝です。
チームの最初の所持金は「予算通過時点の得点万円」。まず、問題を聞き、シンキングタイム30秒以内に「弱肉強食」か「格差是正」のどちらかの戦略を選択し、解答をボードに記入します。
所持金は、解答の正誤、「弱肉強食」か「格差是正」の戦略によって変動します。
クイズに正解する知識はもちろん、「弱肉強食」か「格差是正」のどちらを選択するかもカギとなります。
激戦の末、見事優勝したのは、甲府南高等学校「竜AVERAGE」チーム。2月に開催される全国大会への切符を手にしました。

このような問題が出題されました

Q.物価の安定や完全雇用などの目標を達成するために、財政政策、金融政策、通貨政策などを組み合わせて同時期に実施することを、何というでしょう?

A.  ポリシーミックス 

第13回エコノミクス甲子園山梨大会 参加校

塩山高等学校、甲府南高等学校、駿台甲府高等学校、都留高等学校、山梨学院高等学校、山梨高等学校(以上6校)

お問い合わせ・ご相談はこちらから

お電話でのご相談

山梨中銀ダイレクトマーケティングセンター

【受付時間】
月曜日~金曜日 9:00~17:00
(ただし、祝日および12月31日~
1月3日は除きます。)

ページの終わりです